美容の為にビールを飲もう!?ビール酵母の魅力的な効能を説明!

前回の記事でホップの魅力的な健康効果について紹介しました。

ビールの主原料は「水」「麦芽」「ビール酵母」「ホップ」です。

今回はその中の「ビール酵母」についてですが、サプリメントになったりもして注目を集めていますね。

その通り、女性に嬉しい美容効果がたくさんあるんです。詳しく説明していきましょう!

Advertisement

ビール酵母って何?

ビール酵母とは、ビールを造る過程でできる微生物で、これがビール独特の旨味や泡をつくっています。

何万種類もあるビール酵母ですが、その種類によってビールの味や香りが変わります。

ビールは、麦芽を煮込んでできた麦汁に、香り付けのをホップとビール酵母を入れて発酵させて造っています。この過程でアルコールに分解されるのですが、その際にビール酵母などの原材料は容器の底に沈んでしまい、基本的に大手ビールはそれをろ過した上澄みを販売しています。

実はその、ろ過して処分してしまっている、いわば残りカスであるビール酵母に栄養が沢山つまっていて、美容効果が沢山あります!

え、それならビールを飲んでビール酵母の栄養をとるなんて無理なんじゃないの?と思ってしまいますよね。このページで後に紹介しますが、当サイトで解説しているようなクラフトビールには無ろ過のものが多いのです!

ビール酵母の効能

ではこの実は優秀な残りカス、ビール酵母の効能をみていきます。

アンチエイジング

アンチエイジングといえば、「抗酸化」。ポリフェノールやビタミン群などを思い浮かべる方は多いかもしれませんが、ビール酵母にはビタミン群の他に「グルタチオン」と呼ばれる抗酸化物質が含まれています

抗酸化物質とはもともと人間の体にありますが20代をピークに減っていきます。また食生活や紫外線などの様々な要因により活性酸素が生まれ(酸素を吸う呼吸ですら活性酸素をつくる)、これにより体の中にある細胞が酸化し(=錆び)、老化、例えばシミやシワなどの困ったことが起きます。

「グルタチオン」はこの活性酸素の増加を抑えます。美容クリニックでは治療薬として使われたりもしています。

飲酒も活性酸素を増やすとして悪者扱いされがちですが、グルタチオンを摂取できるビールならそんなことないかも!?

痩せる

ビール酵母の50%はアミノ酸です。必須アミノ酸とは、代謝を促進してくれる大事なもの。しかしこれは体で作ることができないので、食品などから自主的に摂取する必要があります。

代謝が上がるというのは、エネルギーを燃焼しやすくなるということ。つまり痩せやすくなるということですね。

ビールを飲んで太るという考えはもうやめてビールを飲んでみたら、痩せやすい体が手に入るかも!

美肌・美髪・美爪

ビール酵母にはビタミンB群が10種類も入っています。

ビタミンB群は、体内に取り入れた栄養素をエネルギーに変換する役割があります。つまり、新陳代謝が上がる→新しい細胞を作りやすくなる→肌のターンオーバーを促進する、ということです。

また、髪や爪も同様で新陳代謝が上がれば新しい髪や爪を作りやすくなります♪

便秘の解消

腸内環境を整える為に、発酵食品を摂取している方は少なくないと思います。その発酵食品には酵母が必ず存在しています。

これらは食物の分解を促し、腸の消化や吸収を助けてくれます。

それに加えてビール酵母にはさらに、「マンナン」と「グルカン」という2つの食物繊維が含まれます。

これでお通じばっちりです◎

ビールを飲んでビール酵母を摂取しよう!

冒頭で述べましたが基本的にビール酵母は、製造過程のろ過にて、ビール酵母を失っています。

ですがクラフトビールには無ろ過のものが多く、無ろ過ビールならビール酵母が入ったままなのです!

▼ビールラボ編集部がおすすめする無ろ過のクラフトビール

優雅でフローラルな香りに包まれる「ベアードビール・レッドローズアンバーエール」の味や感想をレビュー

▼また、白ビールは基本的に無ろ過です!

フルーティーでまろやかな口当たり「常陸野ネストビール・ヴァイツェン」の味や感想をレビュー

Advertisement
ビールラボ編集部のつぶやきをチェックしよう!
>ビールラボ編集部

ビールラボ編集部

ビールラボの編集部は3名で運営しています。全員がこよなくビールを愛しています。ビールを飲んで、味の感想や由来を楽しく紹介したいという思いでこのサイトを立ち上げました。
このサイトを通して、あなたのビールライフが少しでも楽しくなれば幸いです。

CTR IMG