優雅でフローラルな香りに包まれる「ベアードビール・レッドローズアンバーエール」の味や感想をレビュー

今回ビールラボ編集部の3人が試飲してご紹介するビールは、ベアードビールの「レッドローズアンバーエール」です。へレスラガーに分類されるベアードビールのゴールデンラガー。一体どんなお味なのでしょうか?!

Advertisement

基本情報

Red Rose Amber Ale

原材料 麦芽(イギリス産)、大麦、ライ麦、ホップ、糖類、酵母
分類 エールビール
ビールタイプ アンバーエール
アルコール度数 6.0%
製造者 合資会社ベアードブルーイング
製造地域 静岡県伊豆市大平

公式サイトでは「もっとも独創的なアンバーエール。」を謳っています。力強くリッチでフルーティなのに、すっきりと爽快でドライという、エールなのにラガーっぽい要素も兼ね備えたビールのようです。

アンバーエールとは?

アンバーエールは麦芽の香ばしさとホップの香りと苦味が楽しめる赤褐色のビールです。カラメルのような香りと表現されることも多いです。一般的にはしっかりした味わいが特徴。

ビールラボ編集部による味の評価

パッケージデザイン 4.0
香り 5.0
味わい 3.5
飲みやすさ 4.0
コストパフォーマンス 4.0
後味 4.0
オリジナリティ 4.0
総合 4.07

ビールラボ編集部による感想座談会

しょーご
香りはかなり良いですね。風味が凄い。美味しい。
みさ
美味しい!お花の香りっぽい。フローラル。
りょーへい
うん、美味しい。フローラルだしフルーティな香り。これはアロマホップ使ってるね。それと麦芽イギリス産なんだ。イギリスに拘ってそうだね。
しょーご
これはアロマホップだね。あとベアードビールは全部イギリス産って書いてあるよ。
りょーへい
なんならイギリス人の方が作ってるんだ。ブライアン・ベアードさん。だからベアードビール。だからラベルにすべて英語表記があったし、パッケージデザインとかも少し独特なんだ。
しょーご
へぇ。でも常陸野ネストのアンバーエールは「芳醇なのに飲みやすい」って感じで美味しかったけど、それに比べるとこっちの方がフローラルな香りが高くてフレッシュな感じがする。これはこれで美味しい。
みさ
うん、そんな感じ。美味しいよね。あとキリッとしてる。
しょーご
フレッシュだよ。フレッシュ。フレッシュアンバーエールだこれは。
りょーへい
俺は常陸野ネストよりこっちのアンバーエールの方が好きかも。
しょーご
俺はなんだかんだ常陸野ネスト派かな。
みさ
これは芳醇さというよりもやっぱり香りだな。バラのパッケージと合ってるね。クセもなくて飲みやすい。
りょーへい
香りがリッチな感じするよね。これなら500円でも全然良い気がする。
しょーご
そうだね。味わいもリッチな味わいしてるから俺も500円で買って良いと思う。他のビールで代用出来ない感じ。鼻にお花畑を突っ込まれてる感じ。
みさ
これはね、バターをたっぷり使ったオムレツが合うよ!
りょーへい
オムレツ、良いねぇ。合うよ。俺みたいなラガー好きも好きなアンバーエールだなこれは。
みさ
そうだね。しかも優雅な感じ。フルーティというより、私はフローラルという言葉を使いたい。
しょーご
後味も良いしね。良いビールだった!
  1. ベアードビール『レッドローズアンバーエール』のポイント
    ・お花畑のようなフローラルな香り
    ・アンバーエールなのにキリッとフレッシュで飲みやすい
    ・バターたっぷりなオムレツと食べ合わせたい
    ・ラガーのようなアンバーエール

Red Rose Amber Ale

Advertisement
ビールラボ編集部のつぶやきをチェックしよう!

エールビールの最新記事8件

>ビールラボ編集部

ビールラボ編集部

ビールラボの編集部は3名で運営しています。全員がこよなくビールを愛しています。ビールを飲んで、味の感想や由来を楽しく紹介したいという思いでこのサイトを立ち上げました。
このサイトを通して、あなたのビールライフが少しでも楽しくなれば幸いです。

CTR IMG